• ご来場の皆様へのお願い
  • さっぽろ落語まつり
  • 道新プレイガイド無料会員登録はこちら
  • 道新プレイガイドメルマガ会員登録はこちら

公式SNSアカウント

  • 道新プレイガイドインスタグラム
  • 道新プレイガイドフェイスブック
  • 道新プレイガイドツイッター
  • 近日発売
  • 北海道初

毒薬と老嬢

毒薬と老嬢

※発売までしばらくお待ちください。

 

席種・券種 販売価格
全席指定 11,000円
2022年4月9日(土)~4月10日(日)
4月9日(土) 11:00開演/15:30開演
4月10日(日) 11:00開演
※開場45分前
道新ホール

【道新プレイガイド会員先行】
2021年12月16日(木)10:00〜12月21日(火)23:59

【一般発売】
2022年2月4日(金)10:00~


※未就学児入場不可。
※車椅子席ご希望の方は道新プレイガイド(電話0570-00-3871)にお問い合わせください。
※お申し込み後の変更・キャンセルはできません。
※チケットは紛失、当日のチケット忘れ等の再発行はできません。

久本雅美×藤原紀香 初タッグ!! 異色のコンビで贈るブラック・コメディの最高傑作!

あなたも一杯いかが?慈善家の老姉妹が振る舞う“おいしいぼけ酒”にはある秘密があった‥‥!!ブロードウェイの大ヒット作が関西弁で生まれ変わる!!抱腹絶倒の衝撃作がこの秋“爆誕”!!
『毒薬と老嬢』は、アビーとマーサの老姉妹が繰り広げる衝撃のストーリーと2人に振り回される登場人物たちをコミカルに描き、1941年にブロードウェイで初演されるや大ヒットを記録。安楽死や高齢化社会への風刺も含んだ本作は、三越劇場にて初演したのを皮切りに、日本でも上演が重ねられています。そして今秋、久本雅美(アビー役)と藤原紀香(マーサ役)が初タッグを組み、三越劇場、大阪松竹座、そして全国にて上演いたします。今回は台詞を関西弁にしての上演となり、関西出身の2人による丁々発止のやりとりは必見! また藤原紀香はおばあちゃん役に初挑戦となります! 舞台初共演となる2人がどんな科学反応を起こすのか・・・!? 異色のコンビで贈るブラック・コメディの最高傑作──『毒薬と老嬢』にどうぞご期待ください!

【STORY】 
第二次世界大戦の火蓋が切って落とされた頃。ニューヨーク・ブルックリンの閑静な住宅街に住んでいる、アビーとマーサの老姉妹。このかわいらしい老嬢たちは、自分を本物の大統領と信じている、ちょっと頭のおかしい甥のテディと住んでいた。2人は町で評判の慈善家で、屋敷の前に「部屋を貸します」と書いた貼紙を出し、訪ねてくる身寄りの無いお年寄りに施しをして帰していると噂されていた。2人の寂しいお年寄りへのおもてなしは手作りの“おいしいぼけ酒”。テディの弟で新聞記者のモーティマーも、この叔母たちが大好きだ。しかし、応接間のチェストの中で、彼は見てはならない2人の秘密を見てしまう‥‥。果たして、この老姉妹の秘密とは‥‥!?

出 演:久本雅美、藤原紀香
渋谷天笑、納谷健(劇団Patch)、室たつき、惣田紗莉渚、丹羽貞仁、嘉島典俊、笠原章

※発売までしばらくお待ちください。

買い物リスト

この時点では、ご注文は確定しておりません。
購入手続き完了前に商品が売り切れになる場合がございます。 「在庫確認/購入手続きへ」ボタンをクリックすると、在庫の確認、購入手続き画面へ進むことができます。